440Hzと432Hzの聴き比べ

今日はヘルツ(Hz)のお話しです。

 

ヘルツとは、1秒間に何回の振動が起きているか、というものを測る単位です。
たとえば、1ヘルツ、といえば、1秒間に1回の振動が起きている、という意味になります。

 

いまわたしたちが耳にしている音楽というのは、基準周波数というのが決められていて、
それは440Hz。つまり1秒間に440回振動する周波数が基準となっています。
(詳しく知りたい方は、国際標準化機構(ISO)で検索してみてください)

 

ところが。
ほんとうは、440Hzではなく、432Hzの方がいい、という説が巷で流れて久しく、
なぜなら、432Hzは数学的に宇宙のパターンと見事に一致しているから、だそうです。

 

検索すると「440HZは悪魔のヘルツ」などというものも目にすると思いますが、
ケネディ暗殺説のように、色々な説があると思いますので、お気になさらずに。

 

ただ、面白そうなので、
以前にわたしの声で取ったものを432Hzに変換してみましたので、
宜しければ聴き比べをしてみてください。

432Hzバージョンはこちら
https://audioboom.com/boos/3808380-release-432hz-ver

ただ録音したものVersionは、こちら

 

もともとの音声を440Hzに変換してみたら、
地獄からの呻き声みたいになってしまいましたので、
載せていません。あしからず。。。

 

440Hzと432Hzの聴き比べをしたい!というかたは、
youtubeで検索すると出てきますので、ご興味の在る方は
そちらでお聴きいただくことができます(*^^*)

 

あと。
世に流れている音楽は、周波数を意図的に切って収録されているので、
実際の音を聞くと、違う、って感じることってあると思うんです。

 

周波数を大変多く含む倍音は、より、耳に聞こえるものも聞こえないものも
たくさん含んでいるので、録音では捉えきれないものが、実際では肌でも感じられます。

 

なので、いつかぜひ、
録音では捉えきれない倍音の世界を、肌で感じにいらしてください。
その倍音の世界を感じに来ていただけたら幸いです。