楽しみたいけど楽しめない

こんにちは。
声と心の調律家 美和です。

 

「ああ、あんなふうに楽しめたら、どんなに幸せだろう・・・。」

 

そんなふうに思ったことってあります?

 

「自分で気づくから価値がある」
http://koetokokoro.com/?p=884
で書いた女性が持っていた思い込みについて、
もう一つ書きますね。

 

彼女は、旦那さんとお子さんとの3人家族なのですが、
旦那さんやお子さんを見て、

 

「なんかすごく楽しそうなんだよね。
あんなふうに楽めていいな、って思うっちゃうの」

 

と。

 

「わたしは楽しめないの。
ほんっと、あんな風に楽しめたら、どんなにいいか

 

と。

 

彼女は、「心の底から楽しめない」って思ってたんですの。
小さい頃、たぶん小学生の頃からそう思ってきた、のですって。

 

いま在る人生。
苦しむよりも愉しく過ごせたらいいじゃないですか?

 

旦那さんやお子さんが楽しんで過ごしているように、
彼女も同じように過ごせたら、いいじゃないですか?

 

「楽しんじゃいけない」ってのが彼女のなかにあるんだな、って
感じたんですの。

 

なので、長年
「楽しむこと」に蓋をしてきたその想いに
風を通してあげたいな、と思ったんですねえ。

 

そして、セッションを始めました。
その流れの中で、彼女の口から出てきた言葉。

 

それは
「嫌だ。こんなわたしは嫌」

 

そして
楽しむということを感じてもらうと、
「いいのかなあ。楽しんで、いいのかなあ」

 

そう言うと同時に、涙が頬をつたいました。

 

そして、ずっと「楽しんではいけない」と思って生きてきた彼女へ、
彼女自身の口から

 

「手を差し伸べ、ハグしてあげたい」

 

と。

 

「楽しむことを禁じてきた」彼女と
「楽しんでもいい」という彼女を
感謝とともに統合するひとときが流れました。

 

その時間は
とても美しく、綺麗な光で包まれていくかのようでした。

 

「楽しんでいい」

 

その言葉は、
ほんとはずっと、

 

彼女が彼女に伝えたがっていた言葉、なんでしょうね。

 

セッションが終わった後は、
「久しぶりに泣いた。これが、クリアリングなんだね。
なんか、楽しんでもいいのかも、って思える」と。

 

「楽しんでいい」

 

想いをまとった言葉が、
羽根を広げて
彼女のなかに溶けていきました

 

そして昨日、彼女からメールがきましたの。

 

「これからを、楽しめる気がしています」

 

ひとは自分で癒す力がある。
自分なかにすべての答えがあるから。

 

「声と心の調律」をすることで、
内なる声から答えを導き出し、
より楽に、よりシンプルに、より自由に生きられる。

 

気付かずに自分を縛っているもの、
知らず知らずに自分を制限しているものから、
もう、解き放ってあげましょうね。

ご感想やご質問など、気楽にお問い合わせからメッセージくださいね〜★

o0500033313285162909

◆生きづらさを作っている思い込みを解き放つプログラムがここにあります◆
◆どんな風に自分の臨む未来を想像していけば良いのかを得られるプログラムがここにあります◆
声と心の調律セッションについての詳細は、資料をお送りしております。
お気軽にお問い合わせよりご請求くださいませ。お待ちしています。
*お問い合わせ:http://koetokokoro.com/contact
*セッションで得られること:http://koetokokoro.com/menu/menu