自分の願いを具現化するには

2016年。
本来の自分とはなにか、ってことに気づいていく、
つまり、霊的に覚醒めるひとたちが更に増えていくと
言われています。

 

”自分の人生に起きているすべては
自分が創造していること”

 

4年くらい前でしょうか。
あるコーチY氏に
「全部自分が引き寄せてるんだよ」
と言われたとき、
その言葉の意味が、分かるようで分かりませんでした。

 

「こんな状態が起きたら良いな」ってことは引き寄せたんだろうけど、
「こんなのいらない」って思うことまで引き寄せてるってどういうこと?って。

 

で、その後、どんどんとクリアリングをしていくと、
その意味も分かってきました。

 

「こんな状況いやーっ」「これから逃れたい」とか、
思えば思うほど、その出来事がくっついてくるんだなってことも
幾度か経験しました。

 

それに、
”人はイメージしてからそれを否定する”という
意識の構造を持っているから、

 

「目の前に、あなたと等身大の青いパンダがいるのを・・・
イメージしないで」
っていうと、まず、青いパンダを、見事にイメージする。

 

わたしたちの無意識というのは
否定形を理解できないので、
このようなことが起きてくる、らしいです。

 

「こうなりたくない」という、
「こうなる」が、まず起きてくる、とか。

 

面白いですよね、こういう構造なんだ、って思うと。

 

人にはたっくさんの思い込み(ビリーフ)があるから
それが自分の望む現実を作ることを止めているわけで。

 

未来を望むように進んでいくためには
”どのように進めば良いのか、どのような在り方であると良いのか”
ってことを
未来の観点から見て、学ぶようなセッションをします。
いろんな観点から見て、新しい発見をしたりもします。

 

「ああ、そうやって進めばいいんだ。なるほど」
と、こうやって繰り返して進んでいく。

 

学び続け、
そして今年になって、もっと分かってきました。

 

プロセスの中で、
望むことに向かって行こうとしている時。
ある程度まで進んでる感じがあっても、どこかの段階で
「どんなにワークし続けても、望む現実が来ない」って思う時がある。

 

なんでなの?
なにをどうしたらもっと、望むことを手にできるの?って思ったりする。

 

そうなると、
「望むことを手にした未来の観点から、何をどうしてる?」
っていうセッションはもちろん有効なので、それもしたりする。

 

で、たとえば
「望むことを実現するためには、時間が必要だから、お金が必要だから。
だからまずそれを確保するためにこれする」
って思って違うことをし始めたりする。

 

あるいは、そのときの解決策として、
「もっと認められれば、手にできるのかも。
認められるためには、もっと肩書き増やすと良いのかも 」とか思って、

 

ほんとーーに欲しいものじゃないのに、
資格ばっかりたくさん取ってみたり、
肩書ばかりなんかすごくなっちゃってたりとか。

 

いろんなのを学んで研鑽を積むのは、
自分の本当にやりたい道に関係することはどんどんやったらいいし、
”この道だ!”と思ったらそれを学び続けるのは大切なことです。

 

でも
「こうなるためには、あれをしなければならない」とか
「望むものを手にするためには、時間がかかる」とか、

 

無意識のレベルでそう思っていると、
それは、”自分への制限” であるということ。

 

そして、それにどれだけ気付いているか、が大切なんですよね。

 

すべてのひとが日々、想像し、創造しているんだけども、
その創造のなかで、
「こうしなければ、ああなれない」と信じてしまっているから、
自分にとって望まないことをそのまんまにしてるから、
そのまんまのことが起きてるんですね。

 

これはほんの一例で、
そういう制限をどれだけ持っているのかに気づいていくと、
いろんな条件付けのもとであらゆることをやっている自分に
どんどん気づいていく。

 

ほんとは条件をつけなくたって、
そのまま手にしていいんです。

 

でも、その望むことが
愛から来てるのか、エゴから来てるのか。
これがとってもとっても大切なんですね。

 

エゴからくるものは、いつか限界を迎えます。

 

自分では「愛からだよ、愛からだもん絶対」と思ってても、
「・・・こんなエゴがあったんだ」って気付いたり。
それも、自分で創っていたことに気づくわけですね。

 

そして
「すべては自分が引き起こしている」という
この言葉の深さに改めて驚くんですよね。

 

すべては、自分が創っている。

 

実際に望むことを選択することができていないとき、
望むことが起きていないとき、
選択できていない理由がある。
起きていない理由がある。

 

その理由を作っちゃっているのが、
誰でもない、自分だということ。

 

それ、
いっちばん悲しいのは、”自分”
なんじゃないのかなって思うのです。

 

それ、もしやり続けてるのだとしたら、
そういう自分に気付いているのだとしたら、
そしてそろそろ、それやめたいなって思ってるのだとしたら、
新しい扉を開ける時がもう、そこに来てるのかもしれません。

 

自分のどんな思いから、なんでそれやってるのか?
どうしてそれが繰り返されてるのか?
自分にそれを何度もさせることを、なぜそのままほったらかしているのか。

 

そのまんまにしてたら、そのまんまです。
制限をなくし、純粋に、
望むように選択できるようになれば、

自分の願いが自ずと具現化していく。

 

そんな未来を、
望む方々と一緒に創りたいんですよね。

 

よりスムーズに
覚醒めたい魂が覚醒めるためにはどうしたらいいのか。
そんなことを考え、

 

今年の夏以降。
セッション体験会や、ワークショップを開催しようと思っています。

 

セッション体験会では、

あなたの望みの現実化を止めている思い込みに気づき、
それを変えていきます。自分を知っていくことができます。
その作業をしていくのが、シータヒーリングというものです。

 

体験会は、仲間であるシータヒーラーたちと一緒に
愉しく軽やかに行ないたいと思っています。

 

ちなみにワークショップでは、
シータヒーリングの哲学をベースに、
顕在意識でも未来を見て聞いて感じられるような体験を
していただけるようなものを企画しようと思っています。

 

お気軽に参加できるような体験会にしますので、
ご興味ある方、ぜひ、下のフォームへお名前、メールアドレスをご登録をくださいませ☆

 

写真は体験会に協力してくれる、サイキックな仲間たちです。
写真にはいない男子も女子も居ますよ^^。
IMG_2311

そして。
わたしにシータを丁寧に深く教えてくれたJ・Tさん、山口りりこさんに
心から感謝します。
追々いろいろと書いていきますので、また読みに来てくださ〜い♡

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

ご質問やお聞きになりたいこと


One thought on “自分の願いを具現化するには

Comments are closed.