見つめることが第一歩

こんにちは。
声と心の調律家 美和です。

 

先日、外資系有名メーカーで
声のワークショップをさせていただきました。

 

その時の話をシェアさせていただきながらお話したいと思います。

 

その会社に一歩足を踏み入れた瞬間、
社風として自由な感じを受け、なんだかとっても素敵。。。
わたしもこういう会社で働いてみたかった!
と思うくらい。

 

大きい会議室の半分を使って。
ワークショップご参加者のなかには、
理系だから本来こういうのが分からないという傾向があります、っていう人や
クリスタルボウルの音が自分にとっては嫌な音と重なる、と言う人もいたり。

 

おお、ほほほ、なるほど。
そういう感じですかぁ。。。

 

ということで、
当初考えていた流れはすべて捨てて、
その場に合わせてやることにしました。

 

倍音を多く含む声をだして、
からだと心を
声で整えていきます。

 

反応はほんとに様々。
いままでにない、一見ネガティブな反応もあって
ある意味、新鮮。

 

どんなときでも
ひとつ言えることは、
良い反応でも、
一見良くないような反応でも、
なにかしらその人の中で響いているから
反応がでる。

 

だから
「なにかが起きているんだなあ」
「興味深いなあ」
と、ただ見つめる。

 

見つめる、受け止めることは、
その反応を解きほぐす道への
最初の一歩です。

 

自分の声の音と、内なる声に耳を傾ける。
なにかが起きはじているその息遣いが聞こえてきたら、耳を澄ます。

 

待つのが必要な時は充分に待ち、
そして
時が来たらなら動く。

 

動く時。

 

その時にも、声が導いてくれますよ。
それについてはまたいずれお話ししていきたいと思います。

 

ご意見やご感想、質問、ご要望を
お気軽に、遠慮なくメッセージくださいね。
おこたえできるものはしていきたいと思います。

1441533342275