願いと祈りは別物

こんにちは。
声と心の調律家 美和です。

 

ブログ「抵抗はエネルギーを与えているということ」の中で、
(http://wp.me/p731iH-qS)

 

「願ってる間は、来ないんです。
永遠に手にすることは出来ないんです。」

 

と書いた文があります。
これについて別途書こうと思いつつ、
そのままにしていました。

 

今日はこれについて書きます。

 

その前に。

 

6月の下旬から断続的に、
蕁麻疹が全身に出続けている話をします。

 

全身、ぶわーっと、結構辛い状態でした。

 

最初に蕁麻疹が出た数日間、
自分で出来ることはして、
その後、数日で消えていきました。
急性的な症状のものは、ほっといても自然に消えますしね。

 

ところが、
数日経ってから、今度は慢性的に出続けました。

 

その間、色々検証しました。
どんな時に出てるか?
食べ物や飲み物が原因か? だとしたら、それは何か?
出る少し前に何を考えたり思ったりしてるか? など。

 

それに、シータヒーラーなら多くの人がやるであろう
瞬間ヒーリングを試みたりもしました。
(シータでは、創造の源のエネルギーを使えば、
病気に瞬間ヒーリングして治すことが可能であると
されています)

 

蕁麻疹を引き起こす思考を探ったりもしました。

 

でもどれも、これだ!っていう原因は探り切れず。。。

 

しかたなく薬を飲むわけですが、
点滴を打とうと、
その場しのぎの応急処置なのは分かっていました。

 

根本的には治らず、毎日のように出る痒みと向き合う日々。
出ると何時間も引っ込まないから、結局薬を飲む、という状態。

 

何が根本原因なんだ??と自分を見つめました。
なんとなく分かるようでわからない。

 

でも、薬を飲んでる時点で、気付いてるんです。
「わたしは今、瞬間ヒーリングよりも薬を信じている」と
言っているようなものだと。

 

人は、自分が信じているものを頼り、使うものです。

 

そして思ったんですよね。
ずっと出続けるこの蕁麻疹は、
「わたしが瞬間ヒーリングを完全に出来るように
なるための材料なのかも」と思いました。

 

今できるのはなんだろう?
薬や点滴を祝福しながら受け取り、
”自分への信頼” をテーマに内面を見つめたりしました。

 

8月になってからはほぼ連日出ていた蕁麻疹。
これが、この3日間、ほとんど出なくなってきたのです(嬉!)
今月では快挙です。

 

出ても、今までとは天と地との差。
うっすら出るだけだったり。かつ、痒みも雲泥の差。

 

さて。
わたしはなにをしたのでしょう?

 

ここでやっと、
「願ってる間は、来ないんです。
永遠に手にすることは出来ない」
に話を戻しますね。

 

わたしたちは、

 

(まあ、買えばすぐ済むものとか、
行動すればすぐ叶うものとか、
そういうのは置いといて)

 

厳密に言うと、
求めるものを手に入れることは出来ないし、
欲する限り、得ることも出来ません。

 

なぜかというと、
求めるということは、
「自分にはありません」「自分には出来ません」
と言ってることになるからです。

 

欲しい、ということは、
「欲すること」を実際に体験することになります。

 

願っている限り、
いまそれは「叶っていません」
「わたしには叶えられません」と宣言していることと同じなのです。

 

現実に叶えたいのなら、
「すでにその体験をしている」ということを明言するのです。
すがったり求めるのではなく、
「願いは叶っています」と感謝の祈りをする。

 

祈り。

 

わたしたちは小さい時から、神社とか行った時に
「神様、神様、◯◯してください」とか言ったりしました。
でしょ?

 

神には、お願いするように普通に言われてきたので
なんの疑問もなく、「◯◯してください、神様」とか
言ったりしました。

 

だからついつい、
「神様おねがい!」なんて言いがちかもですが、

 

違うんです。

 

求めるんじゃないんです。
祈るものなのです。
すでに手にしていることを感謝するものなのです。

 

祈りは、「これがすでに存在しています」と
自分自身に認めることになります。

 

どんな祈りも、どんな思考も、すべて創造になっていきます。

 

さて。
わたしはなにをしたのでしょう?

 

それはね、

 

創造の源につながる意識を持って、
純粋に感謝の祈りをしただけです。

 

もちろん、自分にあるコアの思考を見つめながら。

 

言葉の内容は「蕁麻疹が消えて〜、」とか、
そういうことじゃありませんよ(笑)。

 

純粋に祈る。

 

その時から、
蕁麻疹が消え始め、出る時間も、出る量も、
変化が出てきました。

 

この2ヶ月ずっと視てきたから、
明らかに違いが分かります。

 

これにはわたし自身がとっても驚いています。
と同時に、
純粋に祈ることのエネルギーの素晴らしさを
体感しています。

 

自分の思考を超えて、
すでに有ることを純粋に感謝して
祈る。

 

これが、現実化のエネルギーです。
改めてそう思いました。

 

そして蕁麻疹を通して、
自ら体験することが、きっと必要だったのでしょう。

 

純粋で、エゴなくっていうのは、ほんとに
すごいことだって思います。

 

一度うまくいくと、
また同じ結果を得ようと戦略を建てようとしたり、
対策したくなったりします。

 

同じ結果が得られないと、
次はうまくいくのだろうか、と思ったりします。

 

そう思うことが、すでに純粋さから
離れてしまう。

 

わたしもまだ道半ばですが、
本当に思うのです。

 

エゴを超え、思考を超え、
すべてを完全に受け入れることができれば、
最高の真実を生きて行くことができる

 

って。

 

人間に与えられているチカラは
ほんとうに計り知れないです。ね!

 

こんな話や、いままで書いてきたようなこと。
自分で現実を創っているってどういうことなのか。
そして宗教ではない神のことなど、
よりもっと伝えられたら、と思い、
今後、podcastで
音声メッセージも創ろうと思っています。

 

そう思うようになるきっかけをくれた、

 

「書いて伝えるだけでなく、
声のほうが、真に伝わる」と言ってくれたNさん。

 

「面白いから、podcastにしたらいい」と
アイディアをくれたKさん。

 

おふたりに心から感謝します。