「ギョウザリャン」と「思い込み」

わたしたちのなかにある「思い込み」と、
それが自分自身を苦しめることについてお話しますね。
 
 

地元に中華料理屋さんが結構ありまして、
 
なかでも、一番の古株は、
キングチャイナ(略してKC)。
 
そこのね、
ギョウザが美味しいのです。
 
中身のしっかり詰まった大きめのギョウザが、6個入って400円。
曜日によっては350円になります。
 
 
仕事で遅くなった時にしばしばKCに入り
 
「ギョウザ2人前を持ち帰りで」
 
とオーダー。
 

自分で言うのもなんですが、
 
KCに入るには随分と違和感のある、
それなりにキレイ目の
ヒラヒラとした羽衣みたいな装いでサーッと入っていくものだから
 
ソコソコ目立っちゃうのです。
 
 
それを2,3回繰り返した頃にはもう、
 
お店の自動ドアが開いて
厨房にいる、一番ドア側に立つシェフ?がこちらを見て
 
 
ニヤリッ。
 
 
オーダーはもちろん、
 
「ギョウザ2人前、持ち帰り」
 
「ギョウザリャン、持ち帰り~~」(店員さん)
「あいよっ!」(シェフの高めの声)
 
その隙間に例のシェフが、
微妙にこっちに顔を向けながら
 
 
ニヤリッ。
 
 

・・・あーあ、ぜっっったい『ギョウザリャンのひとだ』って思われてるなー。
それ以外もたまに食べるんだけどなー。
やっぱりまた『ギョウザリャンだよ』、とか、内心思ってるんだろうなー。。。
 
行くたびに、心で呟いてたのです。
 

でも、ふと思ったんですよね。
 
 
「なんでこう思ってるんだろう?」
 
 
ほんと~は、そう思われているかもしれないけれども(この場合)、
もしかしたら
 
「ひさしぶりだなあ~、1週間ぶり?、今日も持ち帰りかな?」
 
って、思ってくれてるかもしれないですよね?
 
 
このシェフは
類まれなる記憶力で地域のお客さまをもてなし、
「ギョウザリャン、持ち帰りだな、よしっ」
 
と、
物事を先読みするちからが
ものすごくあるかもしれないのです。
 
 
それを、わたしったら、
 
・・・あーあー、もう、ニヤッっとされてるー。。。
絶対思ってるよね?
絶対また『ギョウザリャン』って思ってるでしょ?
 
こんなふうに邪推してしまって・・・
ごめんなさい。。。
 
 
 
ひとは
無意識的に
 
「○○ということは☓☓だ」
 
という思い込みを勝手に作ってしまう心の働きがあります。
 
無意識のうちに、しかも一瞬にして。
 
これがまだ、
「ギョウザリャン」レベルの世界だからいいんですけど (´・ω・`)ショボーン
 
 
もっともっと深刻な思い込みによって
自分自身を苦しめてるっていうことが
気づかぬうちに、結構あるものなんです。
 
 
自分のなかにある○○=☓☓に気づき、真摯に見つめる。
そしてそれを声や音の響きで、水に流すように手放していく。
 
 
するとね、
なにかがひとつひとつ、ほどけていくのです。
 
 
あなたの中にある、
解き放ちたい○○=☓☓は、なんでしょうね?(*^^*)
 
 
それに気づくための一歩として
この曲を聴いてみてください。
(できればイヤフォンで、何度か繰り返しお聴きになるのがおすすめです)
 
『RELEASE 〜声と心の調律〜感情を流していくサウンドヒーリング』
(下にリンクを貼ってあります)
 
たとえば、
「いつもこういうことがあるときに、自分はこう思うなあ」
とか
 
「あのことが起きると、いつも自分は反応するなあ」
など。
 
それに気づいたら
静かに見つめて、
音の響きとともに自分から流れ出ていくイメージをしてみましょう。
 
心を見つめることは、
その思い込みから卒業する第一歩となりますよ。